文化・芸術

新着情報 第九回勉強会開催

島原幼稚園便りは 下記へ引越しました!!
->http://shima-you.blogzine.jp/       耐震対策工事完了!!
->http://women.benesse.ne.jp/kensaku/kindergarten/28659/s53.html
日本で生まれる新生児は 年間100万人、中絶60万人。日本を、
子どもを育てたくなる国に変えないと 孫世代は人口7~8,000万。
-------------------------------------------------

第九回 勉強会開催のお知らせ

日時 9月14日(火)14:00~17:00 の 30分程度

場所 島原商工会議所3F大会議室

内容 島原次世代エネルギーパーク構想、説明

 ・投資と回収を中心に 家庭への太陽光発電導入は儲かります

 ・公益法人の太陽光発電導入には 国庫補助50%が付き

  十分、事業性が期待できます。

 ・島原次世代エネルギーパーク構想の趣旨説明

-------------------------------

風力発電に関する今朝の新聞記事 ↓

Img018_2

-------------------------------

商工会議所環境員会での勉強会と、次世代エネルギーパーク推進協議会

の設置検討は、8月中に実施というのは断念したらしく、9月の3日または

10日に勉強会が開催できるか調整中とのことで、どんどん先延ばしの状況。

やはり 雲行きは怪しい・・

-------------------------------

22年度の、地域新エネルギー導入促進加速事業の採択リスト

地域 (50%補助)「tiiki.pdf」をダウンロード

事業者(33%補助)「jigyousha.pdf」をダウンロード

486件が通っていて、2倍強の競争率

島原市内では、精華学園(身障者、福祉施設)が9KWを設置。

ざっと見て、最大規模は大牟田     3,000KW

広島の社会システム枠(中電)     3,000KW

次が、宮崎の昭和シェル太陽電池工場  1,000KW

島原市がその気になっていれば、3,000KWをアリーナで実施できた・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原では時間切れに 実現の見込みは限りなく霧の中へ・・

島原地域社会が望まない限り この活動は 無期休止に入ります。

我々の提案への、島原市の回答が実質ゼロ回答でしたので、やむなし。

21年度、長崎県の取り組みは 下記↓

「_21.pdf」をダウンロード「_21.xls」をダウンロード 

2~3ヶ月で再開できれば、ラッキーなんだけど・・まったく霧の中に・・

この10ヶ月は 何だったのだろうか、説得しきれない我々にも問題だが

新エネルギービジョン策定ができないと しないことは 即時決めることができても、

することは 何も決められない、取り組まない理由にされては、新規雇用なんぞは

隣接の自治体でやってくれ と同義です。

その結論でも 責任は問われないし、それが 民意なのでしょうね。

島原でも いつか霧が晴れる日が来ることを 期待したいものですが・・

もし、地元が振り向くような 魅力的な事業提案を考えついたら、その時点

で どうするかを考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)