« 島原次世代エネルギーパーク構想 拒絶の3つの要因 | トップページ | 頼った相手も 少数派では… »

理念が正しければ、受け入れられるはずという錯覚

もともと、島原次世代エネルギー構想は、つぎのような理念で開始。

島原地域の幼児数の減少に歯止めがかからない

6歳未満の未就学児童は、2,700名前後、10年後どうなるか

は火を見るよりあきらか…高校まで含め学校の廃校は不可避

島原地域の少子化と高齢社会の進行が、「がん」みたいに進行

70歳以上が25%、65歳以上が総人口の30%という高齢社会

毎月20名の新生児に対し 毎月30名が物故者の島原市

若い人が地域に残るほうが 少数派、仕事を探しに島原から出る

成人後 地域に残る若人は、推定で3人に1人

島原の産業構造が、噴火災害後 雇用を生むまでに程遠い

要するに、若人向けの仕事が極めて乏しい、製造業は無いに等しい

あっても、農水産加工業が大半で 伸びは期待できない

観光産業が、噴火災害以降 衰退の一途、修学旅行すら来ない

大手ホテル・旅館は 全市で3~4件という壊滅状態

主力の第一次産業従事者が、千軒前後で 後継者にあえいでいる

農家が比較的 良好な経営状態であることだけが救い

この、悪循環を断ち切るためには 今後の成長が見込める産業を

島原に誘致するしかないし、これなら理解を得る ということが可能

と、理念優先で 安易に考えてしまった。

また、地域代表世話人は 社会福祉法人の代表者でもあり、地域

で信頼されているし 技術代表世話人は、P社退職エンジニアであり

学校法人の代表者であるので 信じてもらえると錯覚してしまった。

省みると 誤りは、全て ここからスタートしている。

|

« 島原次世代エネルギーパーク構想 拒絶の3つの要因 | トップページ | 頼った相手も 少数派では… »

太陽光発電」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/537807/43609163

この記事へのトラックバック一覧です: 理念が正しければ、受け入れられるはずという錯覚:

« 島原次世代エネルギーパーク構想 拒絶の3つの要因 | トップページ | 頼った相手も 少数派では… »