« 他地域の成功事例 | トップページ | 島原新聞に新エネルギーへの取り組み掲載 »

島原では時間切れに 実現の見込みは限りなく霧の中へ・・

島原地域社会が望まない限り この活動は 無期休止に入ります。

我々の提案への、島原市の回答が実質ゼロ回答でしたので、やむなし。

21年度、長崎県の取り組みは 下記↓

「_21.pdf」をダウンロード「_21.xls」をダウンロード 

2~3ヶ月で再開できれば、ラッキーなんだけど・・まったく霧の中に・・

この10ヶ月は 何だったのだろうか、説得しきれない我々にも問題だが

新エネルギービジョン策定ができないと しないことは 即時決めることができても、

することは 何も決められない、取り組まない理由にされては、新規雇用なんぞは

隣接の自治体でやってくれ と同義です。

その結論でも 責任は問われないし、それが 民意なのでしょうね。

島原でも いつか霧が晴れる日が来ることを 期待したいものですが・・

もし、地元が振り向くような 魅力的な事業提案を考えついたら、その時点

で どうするかを考えます。

|

« 他地域の成功事例 | トップページ | 島原新聞に新エネルギーへの取り組み掲載 »

文化・芸術」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

太陽光発電」カテゴリの記事

NPO設立準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島原では時間切れに 実現の見込みは限りなく霧の中へ・・:

« 他地域の成功事例 | トップページ | 島原新聞に新エネルギーへの取り組み掲載 »