« この活動も、時間切れで幕か・・・ | トップページ | 島原・雲仙・南島原の どこへ投資誘導が効率的? »

少し前進開始かも?!

前回、講演をしていただいたNTTファシリティーズの営業から、近々

協議できないか との申し出があった。

まだ、具体的な事業提案ということではなく、意見交換・情報共有を

図りたいという趣旨のようである。

経産省関連団体(補助金配分団体)の動き:

「平成22年度新エネルギー等導入加速化支援対策事業(地域新エネルギー

等導入促進事業及び新エネルギー等事業者支援対策事業)」

公募開始 5月中旬以降に ↓

http://www.nepc.or.jp/

また、商工会議所の環境委員長あてに 電力会社から、島原市が

推進なら協力します との申し出もあったらしい。

電力会社の取り組み紹介も含め、意見交換があったという情報。

地方公共団体は、従来の政策意思決定プロセスを変える気はあまり

考えにくいので、取り組み進展は そう期待はできないが・・

NTTへ事業誘導の優遇策が示せないのが もどかしいところである。

 

さらに、本日 勉強会参加の企業から、新エネルギー関連で取り組み

を考えていて、協力できることがあれば 協力するという申し出。

こちらは、南島原市に 環境大学誘致をしたいという 大きな提案。

一歩一歩だが、目にはさやかに見えねども という風が吹き出したの

かもしれない。

が、残された時間は ほとんどないので、国に対し どう上手に立ち

回るか、工夫が必要なのは 大きな課題。

 

記録を見ると、全国各地の自治体が、このブログを閲覧している状況・・

地元より 他県の方が 関心が高いと言う現実も 考えてしまう。

電力会社 勉強会資料より転載 ↓

P2

|

« この活動も、時間切れで幕か・・・ | トップページ | 島原・雲仙・南島原の どこへ投資誘導が効率的? »

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

太陽光発電」カテゴリの記事

NPO設立準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し前進開始かも?!:

« この活動も、時間切れで幕か・・・ | トップページ | 島原・雲仙・南島原の どこへ投資誘導が効率的? »