« 諫早湾 堤防道路に風力発電はどうか? | トップページ | 勉強会を開催します 10月6日 »

島原 電気自動車特区の提案

2020年までに、島原半島の自家用乗用車の50%を

電気自動車または、プラグインハイブリッドカーにする

という目標と、雲仙天草国立公園内の乗り合いバスを

全車、電気バスにするというのは どうであろう?

次世代エネルギーパークで生み出す電力を、この特区構想

にて、無償提供するには 充電ステーションの最適配置

や、運営が課題になるので、これを実証しようというもの。

エコカー減税の、電気自動車版よりも 一歩踏み込んで、

電気エネルギーを無償提供することで、電気自動車と

プラグインハイブリッドカーの普及を促進を図り、半島

で発生する自動車からのCO2排出を、50%削減しよう

という、壮大な実験である。

国立公園の環境保護と、CO2削減のモデルケースとして

新エネルギーパーク構想の目玉にしたら、地域住人も

その恩恵の価値を認めることになると、確信するのだが。

|

« 諫早湾 堤防道路に風力発電はどうか? | トップページ | 勉強会を開催します 10月6日 »

太陽光発電」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

NPO設立準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/537807/31543663

この記事へのトラックバック一覧です: 島原 電気自動車特区の提案:

« 諫早湾 堤防道路に風力発電はどうか? | トップページ | 勉強会を開催します 10月6日 »