島原での メガソーラの話題

また、話題だけが 通り過ぎて行くだけの公算大…

http://mmatusaka.exblog.jp/18454838/

さて、どうなることやら…当事者の思い次第なんですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原市役所建て替え 野党統一案

野党11名合意の 島原市役所建て替え案。良くできていると思います

…が、市当局は 野党案なんか飲めるか!だそうです…了見が狭い

An

市民にとって、市の将来にとって 何が重要なんでしょうね…面子?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原市役所建替えパブリックコメント

4月21日に提出した パブリックコメントです。

Photo_2

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原でメガソーラに取り組みたいと打診あり…が

今朝の朝日新聞、鹿児島に7万KWのメガソーラ 着工7月と。

同じく、宮崎に5万KWのメガソーラ 大村にも1.5万KW規模。

このように、福岡も大牟田など 地域を上げて導入を図る。

本会は、地域の取り組みにすることが出来ず、島原は首長の

取り組みが受身であること、商工会議所の重役陣が消極的で

あることなどから、メガソーラの話は来るものの実現していない。

地方公共団体が、納得できる進出案を持ってくれば、考える

という姿勢(利益供与を期待?している…)を明言しており、未来

永劫 新エネルギーを含む新規企業・事業の進出は、絶望的と

思う…地域が、望まない限り 思わない限り無理なのである…

今回の打診は 南島原市・雲仙市含め 候補地を紹介している

が、どういう展開になるか…(なぜ島原が絶望的なのか電話で

説明しているので、もう 裏を取っている頃と思う…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原幼稚園おひさま第一・第二発電所 送電開始!!

いよいよ、送電開始です。

最大出力25KWと、小ぶりですが うす曇の今日でも17KW

の出力ですが、十分 園内の全電力を賄い 使い切れない余りを

九電へ逆送電しています。

Photo

災害時には、5台の独立した1.5KWの非常電源があるのと

同じ運用ができて、調理器具も使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発電パネル設置完了!!

パネルの設置が、完了しました。残す工事はパワーコンディショナ

と、受給電の配線工事です。試運転が、3月27日(火)の予定。

Photo_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさま発電所の工事が始まった

島原幼稚園の屋上に、太陽光発電のパネルを設置する

工事が始まった。

防水工事・アンカー設置

120317_122427_3


架台設置・調整

120319_132908


明日からは、パネル設置が始まる予定、乞うご期待

25KWの全設備稼働は、3月29日頃の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原商**議所の 秘密の会話

このブログ、島原地域の来訪者がほとんど無いので、内輪話を。

商工会議所の幹部の 非公式の場での、次世代エネルギーパーク

構想の扱いに関する話題。要旨のみ 抜粋すると…マージャンを囲み

1、話の筋自体は いいと思う

2、地域の投資負担ゼロなんて ありえないだろう、雲仙地ビール破綻

  を思い出す…

3、結果が出るのに 15年以上か…そこまで生きとるじゃろか

4、持って来たやつが**か、良くないなあ~あいつにだけは絶対

  手を付けさせたらいかん、(俺が)させん!←Ka氏と推定

というような結論であったと 聞かされた。

そこには、地域経済を どうやって再生・成長させるかという視点

は 微塵もなく、足の引っ張り合いと 責任を持ちたくないという保身

しか、感じられない。

もともと、商工会議所の幹部には 会員負担金に応じて、役職に就

任し、会頭で約100万 委員長で20万の会費負担が発生し、委員

長人事は 順番の充て職ということ。

いやいやながら、委員長をしている御仁が 多いと聞く。

このような 商工会議所に頼ったのが そもそもの間違いだった…

この会談のメンバーは Mi氏、Ka氏、Ma氏、Ya氏、Ar氏であったと風の

便りで伝わって来た、メッセンジャー役のN氏からだが…あきらめろ

という助言とも取れるが、なんとも情けない実情ではある。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

頼った相手も 少数派では…

3年経過して、実現していないのだから スタート時点が、すでに 誤り

であったと思われる 最大の失敗を列挙する。

 

Ⅰ:島原の権力構造に 理解が足りなかった

 1、当初から、戦術面で 何処に提案すれば効果的か思慮不足

  自己弁護になるが、攻める場所が見当違いだった… 

 2、市議会に提案するには 誰が効果的か、思慮不足

  頼ったのが、一目は置かれるが 多数派ではなかった…

 3、メディアの習性を 正しく理解していなかった

  見方に付けるべきメディア対策が、全く省みられなかった

Ⅱ:商工会議所の権力構造に 理解が足りなかった

 1、トップと運営主体者の力関係の調査不足

  あまりに楽観しすぎて コネに頼った、これが謝り

 2、商工会議所の活動度に 幻想を持っていた

  地域経済を牽引する活動をしていると 錯覚してしまった

 3、情報の提供と、流れを把握していなかった、できなかった

  会員になれば 協力してもらえる、と 錯覚してしまった

  ところが、別の力学が大きく働いていたのが 後日判明

Ⅲ:行政の権力構造に 理解が足りなかった

 1、行政の意思決定プロセスに、知見が足りなかった

  どうすれば、行政が動くか 何処経由で提案しなければいけなかった

  のか、詳細は後日。利益誘導が不可欠だったことが 後日判明

 2、行政の組織構造と、行動規範に理解が足りなかった

  新エネビジョン策定委員会に、有識者を委員を送り込むのに

  業界利益代弁者は不適と思われてしまった…詳細は後日

 3、行政に 過大な期待と幻想を持っていた

  行政の首長には、ビジョンがあるだろうと 幻想を抱いていた

これらのことを、最悪ケースで理解して 提案できていたら 結果は

異なっていたかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理念が正しければ、受け入れられるはずという錯覚

もともと、島原次世代エネルギー構想は、つぎのような理念で開始。

島原地域の幼児数の減少に歯止めがかからない

6歳未満の未就学児童は、2,700名前後、10年後どうなるか

は火を見るよりあきらか…高校まで含め学校の廃校は不可避

島原地域の少子化と高齢社会の進行が、「がん」みたいに進行

70歳以上が25%、65歳以上が総人口の30%という高齢社会

毎月20名の新生児に対し 毎月30名が物故者の島原市

若い人が地域に残るほうが 少数派、仕事を探しに島原から出る

成人後 地域に残る若人は、推定で3人に1人

島原の産業構造が、噴火災害後 雇用を生むまでに程遠い

要するに、若人向けの仕事が極めて乏しい、製造業は無いに等しい

あっても、農水産加工業が大半で 伸びは期待できない

観光産業が、噴火災害以降 衰退の一途、修学旅行すら来ない

大手ホテル・旅館は 全市で3~4件という壊滅状態

主力の第一次産業従事者が、千軒前後で 後継者にあえいでいる

農家が比較的 良好な経営状態であることだけが救い

この、悪循環を断ち切るためには 今後の成長が見込める産業を

島原に誘致するしかないし、これなら理解を得る ということが可能

と、理念優先で 安易に考えてしまった。

また、地域代表世話人は 社会福祉法人の代表者でもあり、地域

で信頼されているし 技術代表世話人は、P社退職エンジニアであり

学校法人の代表者であるので 信じてもらえると錯覚してしまった。

省みると 誤りは、全て ここからスタートしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原次世代エネルギーパーク構想 拒絶の3つの要因

首題の3つの要因、全ては推進しようとした我々の稚拙さ…

Ⅰ:進め方、手続き スタンスの課題

 1、推進するのに、代表世話人側が 前面に出すぎてしまった

  商工会議所の同意・協力を不可欠としてしまった

  露骨な利益誘導を避けたことも、関心を引かなかった可能性

  黒子に徹して、裏側から仕向けるという活動をしなかった…

 2、行政手続きなど 権威付けが決定的に足りなかった

  理念優先で ビジョン策定にも関与しなかったし、できなかった

  有識者を送り込むこともできたはずだが、あえてしなかった…

 3、雲仙地ビール事業失敗の分析と対策をしなかった

  地域経済界が、投資に慎重な要因を詳細分析しなかった

  投資アレルギーを緩和するための減感作療法をすべきであった。

Ⅱ:投資誘導など 経済環境の課題

 1、投資と回収の視点での理解を得るのに失敗した

   理解してもらえなければ、説明したことにはならない…

 2、お日様ファンド立ち上げなどを先に実施すべきであった

   信頼できる金融機関を前面に押し出す工夫が 必要だった…

 3、勉強会のメンバーに偏りが大きすぎた

   メディア含め 市民レベルに、浸透させるのが不十分であった

Ⅲ:実現のための技術面の課題

 1、小水力は、過去 向かないという当局の結論があった

  一度下した結論を、新エネビジョン策定で翻すのは不可能

 2、風力発電には、低周波騒音と小長井町の失敗事例が影響

  負の判断情報が溢れていて、勉強会でも理解周知に失敗

 3、最初の導入が不採算

  サブアリーナ90KW太陽光発電の採算性が 高圧連携の為 100年

  を要すという結果に、導入前に助言・関与できなかった

  低圧連携なら、総費用も1億弱ではなく6千万前後で、10年程度で、

  投資回収できたものと、悔やまれる…機器6千万、工事費4千万弱

  屋根構造が特殊とは言え 常識的には不思議な金額ではあるが…

いずれも タイミング良く、情報提供できていれば 結果は違ったのかも

しれない…ソフトバンクの孫氏のプロジェクトの話も来ていたのに、民主・

自民の政治の壁で 動きはなかった…

次回は、各課題を 詳細に反省を試みることに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原 次世代エネルギーパーク構想 拒絶の全真相

今回から、数回に渡り NEPS活動の事実上の失敗を

ドキュメンタリで記録に残すことにします。

もしかしたら、横槍が入って 中断や掲載中止に追い込

まれるかもしれませんが、今後の地域おこしのNPO活動

の参考になれば と思い立ちましたので…

簡単に言えば、地域特有の 足の引っ張り合いというのが

失敗の原因ではありますが、そこに手抜かりがあったのは

不用意に推進しようとした、我々の課題に相違ありません。

今回は、ここまで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原幼稚園に太陽光発電25KWを導入

新エネルギーへの、事業者向け国庫補助は打ち切られたが

唯一残った、地域産業活性化財団の支援を受けることに

年度内に完工するには、契約を何時にするかが 焦点になる。



Solor_1_5


Solor_2

Solor_3_2

Solor_4_2


Solor_5_2


Solor_6_3


Solor_7_2


Solor_8_2


Solor_9


Solor_10


Solor_11


Solor_12


Solor_13


Solor_14


Solor_15


Solor_16


Solor_17


Solor_18


Solor_19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当初、提案したアイデアは 国家が東北で実施か…

暫く、意図的にブログの更新を停止しておりました。

311の東北関東大震災の後の動きを見ると、普賢岳災害

跡地の有効利用提案と、同じアイデアが 国家の手で実施

の方針が決まったようです。

島原の地元経済界・地方公共団体、地域社会が望めばSB

のメガソーラ誘致も推進できたとは思いますが、残念でなり

ません。

地域代表世話人になっていただく打診も、力不足でままなら

ず、活動は停滞せざるを得ない状況が続きます。

再度、事態が好転したあかつきには、更新を再開いたします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域代表世話人 交代のお知らせします

島原市議会選挙が終りましたので、まもなく 

島原新エネルギー研究会は、装いを新たに 再起動いたします。

なお、地域代表世話人の 「生田忠照」は、島原市議会議員に就任

いたしましたので、地域代表世話人を 退任いたします。

技術代表世話人の変更はありません、詳細は追って 公開いたします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原新エネルギー研究会 休眠のお知らせ

閲覧の方は、下記をご覧ください。

http://ikita-kensetsu.cocolog-nifty.com/

-----------------------------------------

平成22年12月21日付けの お知らせ

島原新エネルギー研究会は、島原商工会議所の環境委員会の

委員長による平成22年7月の活動休止要請後、再開の許可が

意思表示されないため 12月21日もちまして解消といたします。

詳細:

・商工会議所の環境委員会で、島原次世代エネルギーパーク推進

 協議会の設立を意思決定された時点で、活動をそちらへ移行する

 計画でしたが、委員会での議決の有無自体が自然消滅している

 現状からは、再開の有無も含め 見通し無しの為

 (地域経済界に、次世代エネルギー投資に対し 積極性がない)

・策定中の 新エネルギービジョンに、環境投資を誘導する意思が

 ほとんど感じられず、当活動の成果が期待できない。

・地方公共団体の政策意思決定プロセスを待っていては、産業界の

 意思決定スピードに合致しない。

 

今後は、家庭用の環境投資を 民間主体で推進の方向です。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新着情報:お知らせ

お知らせ:

当研究会は、平成22年12月をもちまして 下記の理由で解消と

いたします。

 島原商工会議所の環境委員会から 島原次世代エネルギー

 パーク推進協議会を設立するまで、島原新エネルギー研究会

 は、活動を控えるよう7月末に要請がありました。

 環境委員会として、8月末には 検討委員会を開催するという

 意思表示がありましたが、現在に至るまで 委員会の開催も

 行われておりません。

ということで、活動に制約を課せられた状態では 公式の活動が

不可能ですので、現状追認ですが 一旦 解散いたします。

このWebの公開は、12月20日12時をもちまして、終了します。

島原新エネルギービジョン策定の委員会の、報告書(案)を

12月20日に、最終の委員会で 報告書(案)をまとめるとの

ことで、原案を詳読いたしました。

私見:

 ビジョン策定であるにもかかわらず、否定文や問題提起が中心

 の報告書で、全体に 後ろ向きの意図を感じました。

 本来、こうしたいから こういう課題をクリアしましょう、こういう技術

 開発をしましょう、という報告書であるべきなのに、

  「実現可能な場所は少なかったです」

 というような表現が、随所に散りばめてありました。

 このような偏見とも言えるビジョンを出したら、日本中の笑いもの

 になると信じます。

 少なくとも、環境投資を誘導しようという意気込みは感じられ

 ませんでした。 残念です・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新着情報 委員会主催バイオマス勉強会

島原幼稚園便りは 下記へ引越しました!!
->http://shima-you.blogzine.jp/       耐震対策工事完了!!
->http://women.benesse.ne.jp/kensaku/kindergarten/28659/s53.html
日本で生まれる新生児は 年間100万人、中絶60万人。日本を、
子どもを育てたくなる国に変えないと 孫世代は人口7~8,000万。
-------------------------------------------------

12月に入り、島原市の新エネルギービジョン委員会では、

発足時に、当研究会が予想していた通り バイオマスの勉強会と

シンポジウムを開催すると、Fm島原で流しているが、公式には

どこにも、情報記載がない。放送を聞き取った中身は下記。

日時:12月13日(月)13:30~15:30

場所:有明文化会館

内容:バイオマス資源に関する、講演

    バイオマスに関する、シンポジウム

当会には案内もないし、委員会として、スケジュール日程消化の

行事に過ぎない と見られても、しかたないでしょうね・・

当研究会が提案する事業には、投資と回収を明確にせという要求

を突きつけられるが、バイオマスの資源化が投資と回収に要する

年月は、その他の次世代エネルギーに比べ 長大化するのは、一般

に避けられないはず。

というか、バイオマスの資源化の 経済性を良く議論して欲しい。

島原地域には、有望な次世代エネルギー資源があってもらっては困る、

というのが 行政の本音であろう。

小水力は議会で実現性無しと一度答弁を出しているから、技術の進展

で可能になっても、無視・・(祖法と同じ と言われてもしかたなし ですね)

行政自身がすすめることには、限りなく甘く 民間その他の提案には、厳しい

という体質が露わに。シンポジウムの案内くらい、市のWebに載せるべき。

-------------------------------

10月19日 報告書検討の委員会開催

わずか1時間の審議時間、実のある審議を期待したい・・

-------------------------------

現在の制度のまとめ↓(OMRON公表資料)

Photo

平成23年度からは、家庭用の買取は 全量買取への移行と単価42円/KW

がセットになって、制度が変更の見込み。

また、500KW以上の、太陽光発電事業は 買取制度の適用除外になって

いて、グリーン電力証書ビジネス+電力Aの単価で 24円/KWを実現する

ことで、成り立つ可能性があるが ハードルは高いと言える。

事実上、メガソーラは電力会社関連でないと、実現困難と言える。

-------------------------------

島原市の 新エネルギービジョン委員会、9月27、28日 他県の取り組み、

小水力とバイオマスを中心に 視察を設定とのこと。

当、研究会からは代表世話人で地域担当の生田氏・商工会議所の松尾環境

委員長が参加予定です。

市長の意向は、バイオマスの取り組みを重点らしく 経済効果・雇用に効果

を出すのに、草の根レベルで終わらない取り組みにする工夫 がポイント。

9月も終わりですが、島原次世代エネルギーパーク推進協議会の設立検討、

するのかしないのか商工会議所・環境委員会の動きは止まったままです。

-------------------------------

第九回の勉強会では、情報が遅すぎる もっと早く聴きたかったと

出席の委員から苦情がありました。

が、今後について 具体的には何も決定事項はありませんでした。

次回の開催の有無、島原次世代エネルギーパーク推進協議会

の設置を、検討するかどうか 日程も、全て白紙です。

-------------------------------

第九回 勉強会開催のお知らせ

日時 9月14日(火)14:00~17:00 の 30分程度

場所 島原商工会議所3F大会議室

内容 島原次世代エネルギーパーク構想、説明

 ・投資と回収を中心に 家庭への太陽光発電導入は儲かります

 ・公益法人の太陽光発電導入には 国庫補助50%が付き

  十分、事業性が期待できます。

 ・島原次世代エネルギーパーク構想の趣旨説明

-------------------------------

風力発電に関する今朝の新聞記事 ↓

Img018_2

-------------------------------

商工会議所環境員会での勉強会と、次世代エネルギーパーク推進協議会

の設置検討は、8月中に実施というのは断念したらしく、9月の3日または

10日に勉強会が開催できるか調整中とのことで、どんどん先延ばしの状況。

やはり 雲行きは怪しい・・

-------------------------------

22年度の、地域新エネルギー導入促進加速事業の採択リスト

地域 (50%補助)「tiiki.pdf」をダウンロード

事業者(33%補助)「jigyousha.pdf」をダウンロード

486件が通っていて、2倍強の競争率

島原市内では、精華学園(身障者、福祉施設)が9KWを設置。

ざっと見て、最大規模は大牟田     3,000KW

広島の社会システム枠(中電)     3,000KW

次が、宮崎の昭和シェル太陽電池工場  1,000KW

島原市がその気になっていれば、3,000KWをアリーナで実施できた・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新着情報 10月19日 報告書検討の委員会開催

島原幼稚園便りは 下記へ引越しました!!
->http://shima-you.blogzine.jp/       耐震対策工事完了!!
->http://women.benesse.ne.jp/kensaku/kindergarten/28659/s53.html
日本で生まれる新生児は 年間100万人、中絶60万人。日本を、
子どもを育てたくなる国に変えないと 孫世代は人口7~8,000万。
-------------------------------------------------

10月19日 報告書検討の委員会開催

わずか1時間の審議時間、実のある審議を期待したい・・

-------------------------------

現在の制度のまとめ↓(OMRON公表資料)

Photo

平成23年度からは、家庭用の買取は 全量買取への移行と単価42円/KW

がセットになって、制度が変更の見込み。

また、500KW以上の、太陽光発電事業は 買取制度の適用除外になって

いて、グリーン電力証書ビジネス+電力Aの単価で 24円/KWを実現する

ことで、成り立つ可能性があるが ハードルは高いと言える。

事実上、メガソーラは電力会社関連でないと、実現困難と言える。

-------------------------------

島原市の 新エネルギービジョン委員会、9月27、28日 他県の取り組み、

小水力とバイオマスを中心に 視察を設定とのこと。

当、研究会からは代表世話人で地域担当の生田氏・商工会議所の松尾環境

委員長が参加予定です。

市長の意向は、バイオマスの取り組みを重点らしく 経済効果・雇用に効果

を出すのに、草の根レベルで終わらない取り組みにする工夫 がポイント。

9月も終わりですが、島原次世代エネルギーパーク推進協議会の設立検討、

するのかしないのか商工会議所・環境委員会の動きは止まったままです。

-------------------------------

第九回の勉強会では、情報が遅すぎる もっと早く聴きたかったと

出席の委員から苦情がありました。

が、今後について 具体的には何も決定事項はありませんでした。

次回の開催の有無、島原次世代エネルギーパーク推進協議会

の設置を、検討するかどうか 日程も、全て白紙です。

-------------------------------

第九回 勉強会開催のお知らせ

日時 9月14日(火)14:00~17:00 の 30分程度

場所 島原商工会議所3F大会議室

内容 島原次世代エネルギーパーク構想、説明

 ・投資と回収を中心に 家庭への太陽光発電導入は儲かります

 ・公益法人の太陽光発電導入には 国庫補助50%が付き

  十分、事業性が期待できます。

 ・島原次世代エネルギーパーク構想の趣旨説明

-------------------------------

風力発電に関する今朝の新聞記事 ↓

Img018_2

-------------------------------

商工会議所環境員会での勉強会と、次世代エネルギーパーク推進協議会

の設置検討は、8月中に実施というのは断念したらしく、9月の3日または

10日に勉強会が開催できるか調整中とのことで、どんどん先延ばしの状況。

やはり 雲行きは怪しい・・

-------------------------------

22年度の、地域新エネルギー導入促進加速事業の採択リスト

地域 (50%補助)「tiiki.pdf」をダウンロード

事業者(33%補助)「jigyousha.pdf」をダウンロード

486件が通っていて、2倍強の競争率

島原市内では、精華学園(身障者、福祉施設)が9KWを設置。

ざっと見て、最大規模は大牟田     3,000KW

広島の社会システム枠(中電)     3,000KW

次が、宮崎の昭和シェル太陽電池工場  1,000KW

島原市がその気になっていれば、3,000KWをアリーナで実施できた・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新着情報 9月14日の勉強会、進展なし

島原幼稚園便りは 下記へ引越しました!!
->http://shima-you.blogzine.jp/       耐震対策工事完了!!
->http://women.benesse.ne.jp/kensaku/kindergarten/28659/s53.html
日本で生まれる新生児は 年間100万人、中絶60万人。日本を、
子どもを育てたくなる国に変えないと 孫世代は人口7~8,000万。
-------------------------------------------------

第九回の勉強会では、情報が遅すぎる もっと早く聴きたかったと

出席の委員から苦情がありました。

が、今後について 具体的には何も決定事項はありませんでした。

次回の開催の有無、島原次世代エネルギーパーク推進協議会

の設置を、検討するかどうか 日程も、全て白紙です。

-------------------------------

第九回 勉強会開催のお知らせ

日時 9月14日(火)14:00~17:00 の 30分程度

場所 島原商工会議所3F大会議室

内容 島原次世代エネルギーパーク構想、説明

 ・投資と回収を中心に 家庭への太陽光発電導入は儲かります

 ・公益法人の太陽光発電導入には 国庫補助50%が付き

  十分、事業性が期待できます。

 ・島原次世代エネルギーパーク構想の趣旨説明

-------------------------------

風力発電に関する今朝の新聞記事 ↓

Img018_2

-------------------------------

商工会議所環境員会での勉強会と、次世代エネルギーパーク推進協議会

の設置検討は、8月中に実施というのは断念したらしく、9月の3日または

10日に勉強会が開催できるか調整中とのことで、どんどん先延ばしの状況。

やはり 雲行きは怪しい・・

-------------------------------

22年度の、地域新エネルギー導入促進加速事業の採択リスト

地域 (50%補助)「tiiki.pdf」をダウンロード

事業者(33%補助)「jigyousha.pdf」をダウンロード

486件が通っていて、2倍強の競争率

島原市内では、精華学園(身障者、福祉施設)が9KWを設置。

ざっと見て、最大規模は大牟田     3,000KW

広島の社会システム枠(中電)     3,000KW

次が、宮崎の昭和シェル太陽電池工場  1,000KW

島原市がその気になっていれば、3,000KWをアリーナで実施できた・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«新着情報 第九回勉強会開催